スマートフォンサイトへ
 
 

バイク ツーリング|ブルガリア|しられざるブルガリアの散歩道[メイン]
しられざるブルガリアの魅力的な村や自然を、お散歩感覚で辿り、深い伝統文化と温かい人々とのふれあいを満喫!
250cc ロードモデル
ブルガリア
レイドバック
   
   
 
日本語通訳同行!ブルガリア散歩道|童心に還る旅

[季節]7-10月

[日数]8日間

[内容]レイドバック

 
しられざるブルガリアの散歩道|プライベート

[季節]5-10月

[日数]8日間

[内容]レイドバック

 
ブルガリアの古都と伝統に触れる道

[季節]5-10月

[日数]7日間

[内容]レイドバック

 
   
   
   
 
   
   
   
 
現地サポート
ご利用バイク
装備と経費
走行路
旅の食卓
 
   
 

7泊8日<機中1泊>

4月-10月

313,000円〜463,000円|2017年

2名様より|1名参加料金はお問い合わせ下さい。

ゲストハウス4泊、スパ・リゾート1泊、ホテル1泊、機中1泊

現地にてお支払下さい

日本ソフィアソフィア日本

アエロフロート、カタール航空、トルコ航空など
ご利用バイクのページへ
簡単な英語でOK♪
当社お勧め1ガイドと辿る、しられざるブルガリアの旅。日本の皆様限定で導入した250ccバイクと共に、リラックス・ツーリングへご案内致します。
 
 
 
 

リラ修道院
山深い渓谷に建つ美しい修道院。言語を初めとしてブルガリアの文化を守ってきた大切な宗教施設です。
  Rila Monastery, Rila Mountains
 
コバチェヴィッツァ村
石造りの家々が立ち並ぶ個性的な山村。オスマントルコによるモスリム化を嫌ったブルガリア人が移り住んだと言われています。
  Kovachevitsa, Garmen
 
ヨーロッパの古都・ソフィア
ローマ時代を初め、幾つもの民族が足跡を残した長大な歴史の町。ヨーロッパ最古の町はソフィア近郊で見つかっています。
  Sofia
 
道のリボン
ロドピ山脈内の心地よいカーブはバイカーのための道。リボンの様にツイストしながら快適なマウンテン・ロードが続きます。
  Ribbon of Highway, Rhodope
 
ブルガリアの味
トルコ、ギリシアなど世紀を経て培ったブルガリアの味はこの旅のハイライトの一つ。ガイドのお薦めを積極的にお聞き願います。
  Bulgarian meals
 
シロカルカ村
伝統建築と音楽を守る、文化の村。バグパイプの村としても知られています。 ギリシャとの国境に近いブルガリア最南部に位置します。
  Shiroka Laka, Smolyan Province
 
スパ・リゾート
ラキア平原北部に位置するワイナリーが発祥のスパ・リゾートにてお寛ぎ頂きます。トラキアの墳墓は徒歩で散策が可能です。
  Starosel, Plovdiv Province
 
ロドピ山脈
山深く野生動物の生息地でもあり、南端はギリシャへ広がります。山脈内ではブルガリア伝統建築と文化を守る二つの村に泊ります。
  Rhodope Mountains
 
コプリフシティッツァ
スレドナゴラ山中、プルニツァ川沿いに位置するブルガリア独立の町。ブルガリアの伝統建築を保護しており、ぶらぶら歩きに最適。
  Koprivshtitsa, Sofia Province
 
トラキアの遺跡
紀元前5世紀に遡る古代民族トラキア人の墳墓。スタロセルのスパリゾートから徒歩で散策可。
  Thracian Tomb
 
 
 
 

空路、ソフィアヘ。
ソフィア到着後、ホテルへお送り致します。
ホテルにチェックイン後、夕食へご案内いたします。
落ち着いた都会を見守るヴィトシャ山を眺めながら町を後にリラ山脈を目指します。自然と調和した美しい僧院を見学後、渓流釣りをお楽しみ下さい。[走行:135km]

 
リラより山深い道へと向かい、古い石造りの建物の村、コヴァチェビッツァへ。村を散策するか、周辺をハイキング。時間があれば隣村を訪れることもできます。[走行:157km]
 
コヴァチェビッツァを後にシロカルカ村へ。建築と民俗の保護エリアとされており、村のぶらぶら歩きは楽しいひとときです。[走行:113km]
 

ロドピ山脈の快適なカーブをお散歩気分で楽しみながらトラキア平原へ。山々を眺めながら平原を快適クルージング。ワイナリー発祥のスパリゾート到着。ご希望の方はパラグライディングへ。[走行:151km]

 

スレドナ・ゴラ山脈の町、コプリフシティツァへ。ブルガリア独立を開始した美しい町を散策します。終着地、ソフィアへは108kmの道程です。[走行:160km]

 

夕食後、空港へお送りします。搭乗手続を経て機上へ。ヴィトシャ山にお別れの挨拶を告げユーラシア大陸を東へ。

 

ハッピーランディング!

 
 
 
 

(C) 2004 Cruise International inc. All rights reserved.