スマートフォンサイトへ

世界の道を走り、自然、町、村、庶民の生活に溶け込む旅。

海外ツーリングのご案内です。

 
 

童心に還る旅|カンボジア|クメールの小道とアンコールワット|メイン

 
 
 
ALL
 
カンボジア
ヨーロッパ
インド
モンゴル
シルクロード
タイランド
 
ツーリング・パートナー募集
 
グループツアー推奨日
童心に還る旅
童心に還る旅
 

Boys & Girls Holiday

 
 
 
 
 
 
 
村々をつなぐトレイルを走り辿り着く、カンボジアの象徴。神々が宿る聖地。
 
大自然が送り届けるカンボジアの母なる流れ。遥かチベットに発する悠久の大河。ツアーではメコン東岸を走ります。
 
カンボジアツーリングのシンボル!中央部の地形はフラット。郊外には見通しの良い“爽快なレッドダート”が延びています。
 
メコンリバー中の島の村はシルク織の村として知られています。プノンペンを出てフェリーに乗り、最初に訪れる見どころです。
 
カンボジアの美しい農村風景を成すパルミラ椰子はカンボジア人が故郷を思う時に真っ先に思い浮かべる大切なもの。
 
乾季には砂が積もる路面が現れます。初めての砂地ライドが楽しくなるアドバイスをゲット!!
 
時に訪れる潤いの並木道。
 
フランス領時代の名残が街並みや食べ物などに見られます。
 
カンボジア・ツーリングは出会いの宝庫。写真でも文章でも表現し難い最高に楽しい時間です。
 
少しだけ緊張する出会いと交流と別れ。
 
プノンペンの町はずれからフェリーで渡るメコンリバー。メコンに浮かぶ中之島のシルク村を訪ねます。
 
カンボジアのリゾートホテルは抜群のセンスでゲストを迎え、くつろぎをお届けいたします。
 
二輪と歩行者のために架けられた狭いつり橋走行はエキサイティングな瞬間です。
 
600年代前半、チェンラ時代に創建されたカンボジアでニ番目に古いとされる遺跡群。アンコールワット創建の数百年前、最初のクメール人国家の首都。
 
ヒューマン・オフロードを象徴する道の一つ。豊な食材を育む、人の手によるフィールドと道。
 
アンコールワットからプノンチソール寺院を結ぶ王の道。その道に架けられた中世の橋、スピアンプラプトス(カンポンクデイ)を渡ります。
 
広大な大平原の点在する深い森。乾季でも輝く緑が木々を飾ります。
 
絶品の味、カンボジア料理は食通をも幸せに。癖が少なく日本の皆様の舌と胃袋を十分満たします。
 
村の中は珍しい風景と楽しい出会いのチャンスに恵まれています。筆舌し難い楽しくて貴重な機会です。
 
現地ガイドサービス所有のオフロードモデルをご利用いただきます。2017年現在ホンダXR250、ヤマハTTR230、トリッカー250、グレードアップモデルとしてWR250がございます。
 
 
 
 
カンボジアの首都プノンペンへ。
空港にて現地スタッフとミーティング後、ホテルへお送り致します。

プノンペン〜コンポンチャム

村々をつなぐオフロードの旅の始まりです。
高床式住宅、商店、ラバー・プランテーション、農村と畑、ジャングルなどトロピカルな風景を眺めながらの旅。
メコンリバーの雄大な眺めもご覧いただけます。

 

コンポンチャム〜コンポントム

メコンリバー西岸を走行後、大河に別れを告げ、中央部の平地を走り、カンボジアで2番目に古い7世紀前半の遺跡、ソンボー・プレイ・クックへ。後、6号線沿いの町、コンポントムへ。

 

コンポントム〜シェムリアプ

シェムリアムまでは直線で150km。カンボジア主要道路5号線を中心に、現地ガイドの最新の情報とツーリング・ペース次第で魅惑のオフロードへご案内します。
日没前にアンコール遺跡群到着。

 

アンコール遺跡散策

世界遺産“アンコールワット”を散策。クメール王朝の遺産の数々をご覧頂きます。シェムリアップへ戻り、空港へ。
カンボジアを後に帰国の途へ。

 
ハッピー・ランディング!!
   
 
   
   
   
   
 
   
   
   
   
 

カンボジア|クメールの小道deアンコールワット|小栗伸幸さんご一緒の旅

モンゴル|ヘンティー・フラワートレック|松下時子さんご一緒の旅

モンゴル|大草原セーフライド|小栗&松下さんご一緒の旅

ブルガリア|しられざるブルガリアの散歩道|日本語通訳同行

インド・ヒマラヤ|ザ・ラダック|ヒマラヤ絶景街道|有川博章同行

モンゴル|ヘルレン・秋のメルヘン|松下時子さんご一緒の旅

 

(C) 2004 Cruise International inc. All rights reserved.