スマートフォンサイトへ
 
 

バイク ツーリング|モンゴル情報|旅行用品と服装
 
     
   
  寝袋はご持参願います。6月から8月は3シーズン用で問題ありません。それ以外のシーズンは冬用か、シュラフカバーや重ね着で防寒を施す必要があります。  
     
   
 

日没後のトイレや外に出る際に携帯ライトは欠かせません。両手が開くヘッドライトは便利ですが、携帯用のペンライトなどでも問題はありません。
ポイントは紛失対策と、電池・球切れの際のスペアを用意することです。LEDライトは便利です。

 
     
   
 

アウトドア用の服装をベースにご用意願います。例として「ジーンズに長袖のシャツ」で一般的に問題ありません。ウランバートルの町でもロングパンツに長袖シャツがベターです。
更に暑さ対策よりも寒さ対策に重点を置いていただくことがポイントです。モンゴルは低湿度のため、太陽光線を直接肌に受けない限り、苦痛となる暑さは感じません。

夏は長ズボンに長袖のシャツが標準です。太陽が陰った際の寒さ対策として雨具、フリース、タイツをご用意願います。
   
早春と秋は日本の冬を想定した防寒対策が必要です。タイツ、ダウンジャケット、フリース、手袋、帽子、厚手の靴下が夏の服装に加わります。また、アンダーウェアを新素材などで充実させることも快適な旅をお過ごしいただく上で有効です。

 

 
     
 
モンゴルの道
モンゴルの味
宿・トイレ
モンゴルの気候
旅行用品と服装
書類・手続
 
サポート・システム
 
プロテクター
 
   
   
   
 

モンゴル|ヘンティー・フラワートレック|松下時子さんご一緒の旅

モンゴル|大草原セーフライド|小栗&松下さんご一緒の旅

モンゴル|ヘルレン・秋のメルヘン|松下時子さんご一緒の旅

   
 

(C) 2004 Cruise International inc. All rights reserved.