スマートフォンサイトへ
 
 

バイク ツーリング|カンボジア情報|荷物搬送について
 

リュックを利用なさる方もいらっしゃいます。

 

防水性能を備えたバッグはお勧め。ストレッチコードでくくり付けます。

 
ビニール袋で埃を防ぐ方法も有効
 
ココナツ・ジュースは安全でフレッシュな水分&ミネラル補給源
 
充分な水分補給は大切な健康維持方法
 
埃と泥はカンボジア・ツーリングの付き物
 
飲みかけのペットボトルはストレッチコードとバックの間に挟んで運ぶ手段が一般的
 
専用ボトルホルダーは有効

サポート・カーは同行しませんので、ツーリングに必要なお荷物はリア・シートに積載いただきます。日本からご持参頂いた大きなお荷物はシェムリアプへ回送、又はプノンペンに保管。ツーリング用のバッグは防水バッグがベター。またはビニール袋などで防塵。荷台にバッグを取り付けるストレッチ・コードもご持参下さい。

 

ツーリング中に必要な荷物の中身は軽めです。着替え2〜3セット、洗面用具、雨具(季節により)、タオル、寝間着など衣類が中心。ライディング用のウェアと、バイクを降りた時のレジャー用の服&靴をパッキング頂くことになります。宿泊は9割がシャワー、ベッド、クーラー完備のホテルです。日本の夏の気候をご想像頂ければパッキング・サイズはご想像頂けると思います。

 
宿に到着後、シャワーを浴びる際に衣類を洗濯なさると時間が省けます。汚れた衣類をシャワーを浴びながら足で踏み洗いし、適当な場所に干しますと、翌朝には乾きます。洗濯は埃と汗を流す程度で充分です。ホテル周辺のブラブラ歩きやプールサイドで寛ぐ時間を大切にどうぞ。
 
カンボジアの道を走る際は埃とお付き合いしなければなりません。ドライシーズンは特にホコリ対策が大切です。防塵マスクは有効です。現地クメールの万能マフラーも利用効果があります。
 
防水性能が利いたウェストバッグはお薦めです。埃、水を完全にシャットアウト。汚れたバッグは水でざっと洗い流せば元通り。
 
カンボジアは熱帯気候に属しますので、水分補給は大切です。アウトドア用の水筒にペットボトルの水を移し替えて持ち歩きますと水の摂取が簡単。水筒を利用しない場合はペットボトルをそのままご持参いただきます。未開封の予備ボトルはバックに収納。
 
大量発汗による熱中症を防ぐ手段は、充分な水分補給に合わせてミネラルの補給が欠かせないそうです。ボカリスウェット・パウダーはお薦めの一品。ペットボトルに混ぜて簡単に摂取できます。または塩のタブレットも有効です。
村々と人々
カンボジアの道
地雷のリスク
カンボジアの味と宿
真実のレイン・シーズン
 
日本の皆様へ
現地サービスのコメント
スタッフについて
ご利用バイク
荷物搬送について
 
プロテクター
 
   
   
 
   
   
 

サザン・ネイチャーロード

[シーズン]通年

[日数]4泊5日

[内容]レイドバック

 
サザン・エンデューロ

[シーズン]通年

[日数]4泊5日

[内容]スポーティー

 
セントラル・ロード

[シーズン]通年

[日数]5泊6日

[内容]レイドバック

 
ビレッジ・ツーリング

[シーズン]10-3月

[日数]6泊7日

[内容]インターミディエート

 
サマー・ライド

[シーズン]6-10月

[日数]7泊8日

[内容]インターミディエート

 
ノーザン・エクスペディション

[シーズン]10月-3月

[日数]8泊9日

[内容]インターミディエート

 
   
 

(C) 2004 Cruise International inc. All rights reserved.