スマートフォンサイトへ
 
 

トレッキングツアー|インドヒマラヤ|ブルーポピー&シブシャンカール峰展望トレック
 
ブルーポピー&シブシャンカール峰展望トレック13日間

エーデルワイスやシオガマはもちろん、様々な種類のケシの花を見ながら歩くこのコースは「ブルーポピー街道」とも言えます。「シバ神に栄光あれ」の意を持つ日本人初登頂のシブシャンカール峰(6,095m)展望と合わせて、ヒマチャール・プラディシュ州最北部のツーリストがほとんど入っていない花の谷でのトレッキングをお楽しみ頂きます。

ヒマラヤトレッキング&ジープサファリ満喫!

トレッキングも、ジープでの秘境探索も等しくお楽しみ頂きます。
標高が4,000m以下ですので高度障害の影響が低く、2日半のトレッキングですがテント泊も体験でき、白嶺シブシャンカールや高山植物のお花畑の景観を充分お楽しみ頂けます。
そして谷沿いのオアシス村の麦やグリーンピース畑の景観、チベット仏教とヒンズー教の混合文化に触れて頂きます。

また、デリーからマナリ間の長距離移動を2日に区切って体への負担を減らす日程をご案内致します。

ルジャール谷最奥に鎮座するシブシャンカール峰(6,095m)
 
メコノプシス・アクレアータ。チベット原産。別名「ヒマラヤの青いケシ」「ブルーポピー」
 
ルジャールナラ・キャンプサイトから北東方向のシブシャンカール峰を望む。ここからBC方面へ日帰りトレックを楽しむ。
 
ハマウツボ科・シオガマギク属。ぺディクラリス・プンクタータ。
 
村人総出でグリーンピースの収穫。背景の山は無名峰(5,400m)
 
リンドウ科・サンプクリンドウ属。コマストマ・ペドンキュラトム。
 
カングサール村の麦畑
 
リンドウの仲間
 
カングサール村のキャンプサイトから北東の無名峰を望む。
 
キンポウゲ科・トリカブト属。アコニトゥム・ヘテロフィルム。
 
ある日の夕食。頂いたグリーンピースと地域ブランド芋(ラホールポテト)のカレー。
 
アカバナ科・アカバナ属。エピロビウム・ラティフォリウム。
 
カングサール村のキャンプサイト近くのグリーンピース畑にて。
 
キク科・シオン属。アスターフラッキドゥス。
 
ある日のカングサール村のキャンプサイトでの朝食。南西方向の谷を望む。
 
ハマウツボ科・シオガマギク属。ぺディクラリス・ビコルヌタ。
 
畑で収穫作業のお手伝いのお駄賃として頂いたグリーンピースを夕食用に仕込んでいるキッチンスタッフ。
 
リンドウ科・チシマリンドウ属。ゲンティアネラ・モールクロフティアナ。
 
カングサール村の小学校にて。先生のお出ましで皆そちらに気を取られる。
 
セリヌム属/セリヌム・ワリッキアヌム
 
ルジャールナラキャンプサイトで夕食後のひととき。
 
タカネダイコンソウ(ダイコンソウ属)/ ゲウム・エラトゥム
 
夕暮れ時の山々。
 
 
 
◇航空機にてデリーへ。
◇着後、出迎え係員と共に空港近くのホテルへ。
  デリー〜マンディ|9h、300km  

◇英語係員と共に専用車にてマンディへ。

 
  マンディ〜マナリ|約6h、270km  

◇引き続き専用車にてマナリ(2,050m)を目指します。

 
  マナリ〜ロータン峠〜ウダイプール|2h+4h  

◇ジープにてロータン峠(3,980m)へ。
◇高山植物を観賞しながら周辺を散策します。
◇更にロータン峠を北側へ下り、マナリ/レーを西に進みウダイプールへ。

 
  ウダイプール〜キラール〜カングサール|5h、108km  

◇チャンドラ・バーガ川の断崖を切り開いた川沿
いの道を進み、トレッキングの起点カングサー
ル村へ。村はずれの畑にてキャンプします。

 
  カングサール〜ルジャールナラ|4h  

◇トレッキング開始。テディソ川をさかのぼり、シブシャンカール方面のルジャールナラキャンプ地へ。

 
  ルジャールナラ〜シブシャンカールBC往復|6h  

◇高山植物のお花畑の中を更に谷をさかのぼり、シブシャンカール峰の展望を楽しんだ後、キャンプ地へ戻ります。

 
  ルジャールナラ〜カングサール〜ケーロン|3h+6h、145km  

◇トレッキング最終日。カングサール迄元来た道を下ります。
◇出迎えの車にてチャンドラ・バーガ川に沿ってラホール地域の中心地、ケーロンへ。

 
  ケーロン〜ロータン〜マナリ|6h、120km  

◇ロータン峠を越えてマナリまで戻ります。

 
  マナリ滞在  

◇予備日。終日自由行動。バザールの散策などでお過ごし下さい。

 
 

マナリ〜チャンディガル|9h、320km

 

◇午前、専用車にてチャンディガールへ出発。
◇郊外の旧藩王国の城を改築したホテルへ

 
 

チャンディガル〜デリー|6h、250km

 

◇朝食後、デリーへ向けて出発。
◇着後、半日市内観光(インド門、トゥーブミナールなど)昼食はインド料理レストランにて。
◇夕刻、ホテルにてリフレッシュ後、空港へ。
◇航空機にて帰国の途へ。

 
ハッピーランディング!
   
 
 
 
   
\448,000
インド航空ご利用時概算
2名様UP参加料金
2018年
07月-9月
     

\548,000

2018年07/04、08/08

1人部屋使用料:55,000円。

毎週水曜発|インド航空
発着空港、出発日、空席状況、予約時期により料金幅がございます。個別の見積承りますのでお問合せ下さい
 
12泊13日<機中1泊>

7月-9月

2名様よりツアー実施

ホテル8泊、テント3泊、機中1泊

朝11回、昼10回、夕10回

日本デリー日本

インド航空

デリー:日本語通訳
トレッキング中:英語

 
   
 
アーリアンバレー トレック

ザンスカール北部縦断‥5,000mの峠越えの山旅

ザラダック最高峰ストックカンリ登頂12日間

ロータン峠とシスー谷トレック

ブルーポピー&シブシャンカール峰展望トレック

   
   
   
 

私のヒマラヤと山旅|白鳥峯司

   
   
   
 

装備リスト

高山病について

   
 
 

(C) 2004 Cruise International inc. All rights reserved.