スマートフォンサイトへ
 
 
 

Q&A|バイクツアーQ&A
ご検討、ご相談   お申込み      
必要なライディング経験を教えてください。

ツーリングに必要なライディング経験のレベルは、目安として以下の経験値をご参照ください。但し、個人差がございますので例外は十分にございます。

[最低2泊程度のツーリング経験]

[1年程度、または5,000km程度の走行経験]

 
バイクツアー参加に必要な海外旅行経験を教えて下さい。

初めての海外旅行でバイクツアーをお選びいただくお客様は予想以上に多くいらっしゃいます。

当社ツアーでは飛行機内、乗継ぎ空港、宿泊のお部屋を除き、ガイドか通訳が同行いたしますので、1名のスタッフが一つの流れとして旅を通してご同行ご案内いたしますので、特別な海外旅行技術は求められません。

 
オフロード走行経験無しで、オフロードツアーに参加できますか?

オフロード経験無しのお客様の参加実績はたくさんございます。できれば日本で林道などのオフロード走行を体験していただくことをお勧めしますが、日本の林道の狭い道幅、急坂、コーナーはモンゴルやカンボジアのビギナー向けコース以上に経験を必要とします。初めての経験はどなたにもございますのでビギナー向けのコースを中心にご検討、ご相談をお願いします。

オフロード・プロテクターに関するお問い合わせはご遠慮なくお願いします。

 
足付が不安です。
ヤマハ・セロー、カワサキ・シェルパ、ホンダ・ディグリ―は、200-250ccクラスのオフロード車両の中では最も車高が低く、車重も軽いバイクですので足付きの不安は軽減されます。更に不安や疑問がおありの場合は充分なお時間をいただければ現地サービスに調整を依頼するなどの対策も考えられますのでお申込み前にご相談願います。
 
他参加者へ迷惑をかけるのではないか心配です。

ご自身の「ライディング経験不足が他のライダーに迷惑になるのでは?」との質問は最も多くいただきます。

当社ではご希望のツアー内容、参加メンバーの嗜好や経歴など、できる範囲でご案内し、ご検討をいただきます。

通常、ライディングレベルについては3つに区分していますが、これらの区分に加え、更に細かく参加者の経歴やどんな走りや旅がしたいかを事前にお知らせし、ご検討を頂きます。

 
オーダーメイド・ツアーは可能ですか?

モンゴル、カンボジアのオフロードツアーではオーダーメイド・ツアーの手配が容易です。最少人数を最低2名様でご相談を頂ければ通常価格でオーダーメイドの旅をご案内可能です。

その他の国でオーダーメイドをお望みの場合は別途ご相談願います。

 
ガイド同行の1人旅が希望ですが、可能ですか?
カンボジア、ノーザン・タイランドでは割安にてお一人のガイド同行ツアーが手配可能です。
 
レンタル・バイクの手配はできますか?
レンタル・バイクの手配は旅程管理に不安があるため、実施しておりません。
 
モトクロス・ブーツ

約20,000円から

モトクロス・レース用ブーツ。接地面(ソール)のビブラム(凹凸)が浅く、グリップ力を軽減。つま先から足首上部までの保護は十分です。

エンデューロ・ブーツ

約20,000円から

エンデューロ・レース用ブーツ。接地面(ソール)のビブラム(凹凸)が深く、グリップ力充分。つま先から足首上部までの保護は十分です不可。

ライディング・シューズ

約20,000〜30,000円

タウン・ユースを意識し、ライディング用に作られたソフトなブーツ。多目的タイプ。

オフロード・ヘルメット

[シールド・タイプ]

約20,000円から

特徴はゴーグルの取り外しや紛失の可能性が無いことです。"激しい"発汗によるゴーグルの曇りの不安も軽減されます。

オフロード・ヘルメット

[ゴーグル・タイプ]

約20,000円から

特徴は空気が顔に当たる部分が多いため、冷却機能が高いことです。

オンロード・ヘルメット

[フルフェイス]

***

現在お持ちのロード用フルフェイスはオフロード・ライディングにも流用可能です。

※下記参照

ヒザ・ガード

約3,000〜4,000円

ニー&シン・ガードと呼び、オフ・ツーリング必需品です。スネ・ガードと一体になっているタイプがお勧めです。足に密着するように装着します。

ヒジ・ガード

約3,000〜4,000円

エルボー・ガードと呼び、オフ・ツーリング必需品です。ヒジに密着するように装着します。

グローブ

平均約4,000〜6.000円

グリップ性能、手の保護に加え、暑さと汚れを想定した夏用(メッシュタイプ)がお勧めです。

胸ガード

約10,000円から

ブレスト(チェスト)ガードと呼び、外部取り付けの合成樹脂タイプとインナー・タイプがあります。装着の有無は個人差があります。

   
     

オフロード・ヘルメットは激しい運動による発汗と呼吸による水分が、シールド部分を曇らせる原因となるため、顔面部分のスペース(容積・通気性)を多く取っていることが特徴です。シールド・タイプの長所はゴーグルの取り外しや紛失の可能性が無いことです。ゴーグル・タイプは顔面の冷却機能が、より優れています。

また、広い窓は、より広範囲の視界を確保します。

 

オフロード・ツーリングではソフト(ビギナー)なコースを除き、オフロード専用ブーツをお勧めします。

レース用ブーツは保護機能が充分ですが、用途はオフロード・ライディングに限定され、バイクを降りての徒歩での散策には不向きですが、保護機能の高さは確実です。

オフロード専用ブーツを初めて履く方は、早目に購入なさり、慣らし走行なさることをお勧めします。

 

レース用ブーツやヘルメットなどの高価で使用目的が限定されるギアを購入なさる場合は、「型落ち」と称される旧モデルがございますので、下記用品店のサイトをチェックなさるか、店舗へお出向き下さい。

高額な投資はオフロードを継続するご意思が固まってからで宜しいと思います。

 

ナップス
南海部品
ドライバースタンド

ウェビック
グーバイク
ライディング経験
海外旅行経験
オフロード走行経験
足付の不安
他参加者とのレベル差
オーダーメイド・ツアーは
ガイド同行の1人旅が希望
レンタル・バイクの手配は
各種ライディングギア
 

(C) 2004 Cruise International inc. All rights reserved.