スマートフォンサイトへ
 
 

ホームステイ|モンゴル|お客様の声

01.序章   02.旅支度   03.旅立ちの日
04.ウランバートル・深夜   05.いざ、天幕の生活へ!   06.はじめまして
07.遊牧民をめざして   08.馬に乗るぞ!   09.料理に挑戦!
10.モンゴル語ペラペラ?   11.長い夜   12.夜明け
13.お引越   14.「ダワニャムさん」事件   15.突然のお客様
16.ゴウ、放牧に行く   17.ヤギの出産   18.さよなら
19.別れは、突然に   20.ハイウェイをゆく   21.UB道中記
22.またね!   23.深夜の旅立ち   24.早朝の奮闘!
25.おうちへ帰ろう   26.あとがき   27.未来の旅人へ
 

カオルさん=ママ=筆者

 
   
 

ゴウくん9歳=兄

 
   
 

アカネちゃん8歳=妹

 
   
 

バヤサさん=通訳

 
   
 
運転手さん  

モンゴルへ行ったのに、実は、たいした理由はなかった。

今まで旅した国は、それなりに私の興味の対象であったり、勉強を伴うものであったり、常日頃から行きたいと願いつづけ、念願かなって行ったところばかり。

しかし、モンゴルに関しては、今まで特に思い入れる要素もなかった。

ただ、どうせ旅をするのならば、普段絶対に味わえないことをできるところにしたかった。

我が家では、毎週家族で楽しみに見ている「ウルルン滞在記」というテレビ番組があるのだけれど、その番組の旅はまさに私たちのめざすところ、現地の暮らしを感じられる旅。

私たちもそんな旅をしたい!

「春休みは、何年かぶりに海外へ旅に出たいなぁ〜」

2月のある日、私はポケ〜ッとパソコンの前に座り、インターネットで旅行会社のホームページを次から次へと検索していた。

たどりついたのが、クルーズ・インターナショナルさんのホームページ。

数年前に念願だった自動二輪の免許を取った私が、海外へバイクで行けないものかと探していたときに見つけた旅行会社だ。今回はバイクは無理だろうけどね、なぁんて思いながらも、なんとなく眺めていると、目に飛び込んできたのが「モンゴル ゲルホームステイ」の文字。

ピンポーン! 

これだ!!

子供も連れていけて、なにかとびきりの体験ができそうな旅先は!

すごいぞ、遊牧民の暮らし体験だ!

「ねぇねぇ、春休みは、モンゴル行こうよ!」

唐突なハハの提案に、子供たちはいつものように、

「いいよ〜♪」

「やった!」

と、二つ返事。

こんなことでは驚かない。いつもいつも、ある日突然お出かけが決まるのが9 年も続いていれば、慣れっこにもなる。

それも、ハンパでなく遠いお出かけだったりしてね。パパ抜きというのもめずらしくない。

そうして、私たちのモンゴルへの旅ははじまった。

 
   
   
   
 
遊牧民の家庭滞在・夏編

[季節]4-10月

[日数]5・8日間

 
遊牧民の家庭滞在・冬編

[季節]11-3月

[日数]5・8日間

 
   
   
   
 
遊牧生活(ツアー)の流れ
コミニュケーション
遊牧料理とお食事のアレンジ
健康と安全
旅行用品と服装
 
 

(C) 2004 Cruise International inc. All rights reserved.